Viva ポイント

  • 2011/10/10(月) 16:41:37

1度また書き始めると、そこそこモチベーションが上がってくるのが
ブログの不思議なところ。

やはりキーボードでアクションゲーやりまくってるのが祟ってか、
PC本体と一緒に買った、2年そこそこのワイヤレスキーボード1台が
ご臨終あそばされた。
そんでもって、マウスの方も前々から接続の具合がよろしく
なかったし、ついでに1年ぐらい寄ってないし、まとめて
ヨドバシカメラで買い物しようと出かけてみる。
うむ、3連休なんぞお構いなしの、ヒッキーでグータラな自分にしては
なんて有意義な行動。


2,980円のテンキー無し有線キーボードと2,4801,890円の有線マウスをチョイス
マウスは同じ種類なのに、なぜか色によって金額差がついてた。
レッドが1,890円で、ピンクが1,770円。他4色は全部2,480円。
別に在庫整理っぽい感じでもなかったのに不思議だ。
ピンクは流石に趣味じゃなさすぎたので、ここはレッドで。

共に有線なのは、無線だと急に動かなくなるケースが頻発していたのが原因。
店には「ワイヤレスで机がスッキリ♪」なんてポップあげてたけど
元から散らかり放題の俺の机には、ほとんど関係のない話だ。

テンキー無しなのは、全然使わないし、マウススペースの邪魔だから。

マウスは、青色LED式とやらが今一番良いらしいので、それを選んでみる。



さて早く帰って試してみよう・・・と思っても、毎度毎度帰るのがしんどい。
前にも書いたかもしれないが、京都市内は北の方に向かって、なだらかな
上りになっている。それで、左京と下京を自転車で行き来する場合
左京→下京は下りだから特に問題はないのだが、帰りの下京→左京は
見えざる長距離上り坂というもので、地味に体力が削られる。

こんなことでバスを使うのも馬鹿馬鹿しいし、こういうことがあるたびに
原チャの一台でも買いたいと思ったりするものの、職場は超近距離だし、
普段の生活もほとんど自転車で事足りてしまうというもので、
結局購入を思いとどまるのが、いつものお決まり。



脱線したが、ようやく部屋に帰ってきて、ブツを即開封、使ってみるが・・・



(´・ω・`)・・・

(´・ω・`)・・・・・・

(´・ω・`)・・・・・・・・・・・・



うーん、キーボードが非常にきつい。。。
Enterの右側がフリーであるとか、右上端のBackSpace・Deleteキーの
位置だとか、キーのタッチ感とかは良く考えて選んだのだが、
それ以外のポジションが色々想定外だった。

まずファンクションキー。これの横幅が以前のものより圧縮されていて
ホームポジションからの方向が左に寄ってしまっている。
俺は結構ファンクションキーを多用する方で、特に文字変換時に
F7〜F10を使いまくるので、この矯正はかなり辛い。

それとスペースキーの横幅、これがまた以前のものより小さくなっている。
といっても、いつものスペースキー押下位置はちゃんとカバーできてる。
だが問題だったのは、連動して左に寄ってしまった変換キー。
普段から変換キーでの半角/全角切り替えを多用しているわけで、
このキーが左にずれてしまったが為に、間違ってカナキーを押してしまう。
今この記事を書いてる間も、この誤打で非常に苦しめられてる。。。

あとは、テンキー無しということでカーソルキーが丸ごと左に
寄ってきてしまっているが、これはノートの時に慣れてたし
すぐ矯正できそうかな。

うーん、横幅圧縮型のキーボードは、やっぱり色々ときついものがあるなあ。
次買う時は、またテンキー付きの普通のやつに戻っちゃうかな・・・



一方、ルビーレッドでブルーレッドなマウスの方は、親指のホールド感が
ちょっと変わった程度で、まあまあな調子。
んでもって、店の方に「最新の青色LED、カーペットの上でも動きます!」
なんて書いてて、そんなアホなことあるかいなと思っていたのだが、
実際カーペットの上で試してみると・・えっ、マジでちゃんと動くじゃんww
というわけで、調子こいて色々なものを試してみる。



机の上
→ 快適に動作

服の生地の上
→ まあまともに動作

カーペットの上
→ 根本的に動かしにくいが、まあまともに動作

くしゃくしゃなレジ袋の上
→ まあまともに動作

部屋の壁
→ まあまともに動作

ちょっとボコッとしたクッキー感のフタ
→ かなりきついが、一応まともに動作

ギターのバック
→ ダメ、全然ダメ、これは無理

ギターのトップ
→ まあまともに動作



あれ、カーペットが良くて、くしゃくしゃレジ袋も良いのに、
ギターのバック木材だけなんでダメなんだよwwwwww
そりゃ一応曲面でコーティングしているから反応しづらいとは思うが
くしゃくしゃレジ袋よりもダメなのか・・・??

うーん、ルビーレッドなブルーレッドは、なかなか気まぐれなようだ。