『Viva ポイント』というタイトルを

  • 2011/10/12(水) 06:49:39

すっかり忘れてしまっていた秋の夕刻。
そうだった、元々ヨドバシポイントのことを書こうとしてたのに
ルビーレッドでブルーレッドなマウスのせいで忘却の彼方状態だった。

それでいきなり関係ないけど、LEDってエルイーディーって
読まなきゃいけなかったんだな。
この手の略称って、読みも短縮形が基準になるケースって
そこそこあるし、これも普通にレッドって読むべきかと思った。
んー、でもレッドの方が呼称としては親しみが持てる気がするんだけどなあ。
最初に名付けた人の意向か。



それはそれとして。
前回の記事で買った物の値段を書いたけど、それら併せて5,000円弱。
で、このヨドバシがオープンしたての時の買い物で貯まってた
ポイント+即金で買うつもりでレジまで持って行ってみる。

  店員「お支払いはいかがなさいますか?」
  ワシ「えっと、ポイントと現金で」
  店員「(カタカタ)現在ポイントが5千云百ポイント貯まっております。
     全てポイントでよろしいですか?」
  ワシ「はい・・・・・・(え゛っ?)」

せいぜい2,000ポイント程度だろう思っていたので、全部ポイントでおkという
この想定外の状況に、脳内でひどく驚愕してしまった。
電気屋なんて、そんな頻繁に行くものじゃないし、毎度毎度ポイントが
どーたらって言われても耳の穴スルーな感じで聞いてたけど、
意外と馬鹿にできんもんやな。



しかし、ちょっと疑問。

・・・と思ったが、書いてる間に解決してしまった。
前回の買い物は、デジカメが14,000円、携帯はちょっと値段失念したけど
たぶん20,000円行ってないぐらい、あとSDカードとかアクセも含めて
合計4万程度だったはず。
これがクレジット支払いの11%還元で、約4,400ポイント
でも決済前のポイント残高は、これより更に1,000程度多かった。
なんでやねん、と。

だが、公式Webサイトの説明で解決した。
毎月のクレジット決済金額についても1%のポイント還元がつくという話で
引き落とし系のをこっちに切り替えてたのを、すっかり忘れていた。
それが地味にいい感じに貯まってたというわけやな。

前はUFJカードで全部やってたけど、あっちはカードでかなり豪遊しなきゃ
ろくに交換可能ポイントまで届くことができない感じ。
それに引き替え、ヨドバシの方は1円単位でポイント付けだし、
煩わしい交換手続きも無くていい。
ポイント単価はUFJの方が上なのかもしれんが、交換可能ポイントに
届かなきゃ意味がない。一般庶民にはヨドバシの方が圧倒的に扱いやすいな。

そんなこんなで、ノーキャッシュでのキーボード+マウスゲットだったので
ちょっと気持ちがホクホクでしたとさ。
嗚呼、これでもっと距離が近けりゃ、普段の消耗品も買いにいくのになあ。



<蛇足>
マウスはやっぱりダーク系の色を選ぶべきだった。
黒のキーボード、ダークグレーの机上とあって、ルビーレッドのマウスが
あまりにも鮮やかで、変に右下の方に目が誘われてしまって落ち着かない。

そして何というか、トップが赤でサイドが黒という組み合わせもあって
妙な上品さがあって、なんだかすごくシャア専用みたいなオーラを
放ってるんだよ。。。これはやばい