京都観光・後編

  • 2010/11/26(金) 21:43:30

前記事のつづき

清水寺
http://www.kiyomizudera.or.jp/

・流石にここを知らないやつは非国民だわな

・一般拝観料: 300円

・今だけ庭園の特別拝観: 600円

・期間限定・夜の特別拝観: 400円

・ノーコメント。なんだかんだで清水寺はもう3回来てるので
 結構どうでもよかった。
 清水に来た理由自体があれだ。

 親父が慈照寺前の八つ橋屋で物色
 =>気に入った土産物を見つけたが、荷物になるから困る
 =>親父「ここって、よその寺にもお店あるんかい?」
 =>店員「ええ、ドコソコとドコソコと清水とドコソコとドコソコと
      ドコソコでも営業させてもろーてます」
 =>土産物のためだけに清水行き決定

 という経緯。ていうかさ、

  最初の寺で八つ橋屋なんか寄るなよ!

・音羽霊水 300ml ぐらいで 500円
 ・・・( ^ω^)高杉だろJK

・五条坂の大衆食堂(?)で遅い昼飯。
 他人丼850円でそこまで高くないとは思って入ったのだが
 出てきたドンブリのこれまた小さいこと
 所詮、観光地補正のぼったくりか・・・

・ここから百万遍まで移動
 五条坂からの直通は206系統のみで、これを待ってみるわけだが
 来るバスと言えば100系統、100系統、207系統、100系統、100系統
 ・・・ようやく206系統
 やっぱり100系統大杉だろJK
 そして今回も満員御礼寿司詰め状態
 500円でバス乗り放題とは言え、この状況はちょっとなあ・・・

緑寿庵清水
http://www.konpeito.co.jp/

・知る人ぞしる、日本唯一の金平糖専門店
 皇室御用達だそうな。
 知人へのちょっとした贈り物を買おうと寄ってみる。

・店の中は、自分の部屋(6畳)の倍ぐらいかな。
 味から容器から色んな種類の金平糖商品がずらり。
 Webサイトであらかじめ知ってはいたが、どれもホント高い(;^ω^)
 一番やばいやつで18,900円(税込)なり

・試食で紫蘇の金平糖と、柚子の金平糖をいただく
 どちらも素材の味がしっかりと出ていて、特に柚子の方は
 噛むと中から柔らかいものが。
 中心の部分には柚子の皮が入ってるらしい。
 この食感のギャップがなかなか面白かった。
 店の人曰く、この店の金平糖は舐めるよりも噛むのがお勧めだとか。

・贈り物用に桃の小袋(500円)を購入
 この小袋、10種類以上のフレーバーがあるものの、この時間だと
 半分近くが売り切れだった。
 バニラが売り切れだったのが残念だったかも。

あれこれ書いてきたが、お薦め度を10段階評価で挙げると

慈照寺 ☆☆☆☆☆☆☆☆8
  砂盛りは一見の価値あり。
  紅葉もそこそこ。

蓮華王院 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10
  彩りはないが、パワーがある。個人的に超お薦め。
  紅葉とは関係ないので、他の季節でもおk

清水寺 ☆☆☆☆☆☆6
  メジャーで紅葉もそこそこだけど、やや特色性が薄い気がする。
  まあ音羽の滝未経験者は行けばいいんじゃないかな

緑寿庵清水 ☆☆☆☆☆☆☆☆8
  よそに店舗をおいてないので、わざわざ百万遍まで買いに来なきゃ
  いけないのが最大の難点
  八つ橋のようなありきたりな土産を避ける意味では良い。
  同じ方向性なら、同店舗から200m北の満月・阿舎利餅も超お薦め

満月
http://www.ajyarimochi.com/

ふぅ、やっと書き終わった
でもここまで読むやつなんて居なさそうだよな・・・w